【姫神プロトコル】壮大なクリプト(仮想通貨)プロジェクトの詳細

姫神プロトコルとは、

  • 姫神コレクション
  • シノビウォレット
  • 神楽トークン
  • うけいトークン

の主に4つのプロジェクトで構成された、Defi仮想通貨・クリプトプロジェクトのことです。

シノビウォレット(Shinobi Wallet)

世界の取引所やDEX、ウォレット内の機能をオールインワンでまとめた「ウォレット+DeFiアグリゲーターアプリ」です。

シノビウォレット内では

・世界中の取引所から最も安いレートで仮想通貨が購入できること

・各ウォレットでしかできない機能を使うために複数のウォレットを使用するなどが必要なくなる

といった機能があります。

今後は複数のDEXやウォレットを持つことなく、仮想通貨購入からファーミングにいたるまでの全ての機能を使えるようになるということです。

またシノビウォレットに対応しているUKHトークン保有者は、持っているだけでシノビウォレット内手数料の70%をETHで受け取ることが可能です。

姫神プロトコルの主戦力となる「シノビウォレット」と「UKHトークン」が世界に向けて告知を開始する直前の今、情報を収集しておくことは急務と言えます。

うけい(UKH)トークン公式お申し込み

【8月27日23:59までプレセール開催中】UKHトークン最安値購入ページはこちらをクリック

姫神プロトコルを構成する、

  • シノビウォレット
  • UKHトークン
  • 神楽トークン
  • NFTガチャゲーム「姫神コレクション」

について解説していきます。

姫神プロトコル・シノビウォレットの最新情報は以下から取得可能です。

シノビウォレットUHKトークン公式ガイドLINE登録

情報局Twitter
Twitter

オープンチャット「UKH(うけい)トークンオープンチャット」

姫神プロトコルの「株」の役割となるUKHトークン

UKHトークンは、シノビウォレット事業の株のようなイメージとなるトークンです。

UKHトークンを保有するだけで、シノビウォレットの取引手数料の70%をKGRトークンで受け取れます。

UKHトークンには他の仮想通貨にはない独自の価値を上昇させる仕組みがあるので、一つずつ解説します。

UKHトークン解説ページはこちら

ホールド用と売買用で2つのトークンが存在する

UKHトークンには「sUKH」と「bUKH」という2つのトークンに分かれており、sはstockで、bはbondから名前が付けられています。

ではsとbがそれぞれどのような役割を持っているかを解説します。

sUKHの特徴

sUKHトークンは、保有するだけでシノビウォレット内の送金・交換手数料の70%をETHにて受け取れます。

sUKHは市場で購入・売買することができませんので、シノビウォレットの利回りを得るためのいわゆる「ガチホ用」トークンです。
しかし「プレセール限定」にて、sUKHを直接購入することが可能となります。

bUKHの特徴

bUKHトークンは、保有することでKGRコインによる月利配当が3%受け取れることに加えて、市場へ売買することが可能です。

しかし売買のみでなく、KGRトークンが永久的に3%もらえるというメリットがあるため、

bUKHはプレセールでも、上場後でも市場から購入可能となります。

sUKHとbUKHはシノビウォレット内にてスワップが可能

sUKHとbUKHはシノビウォレット内にていつでもスワップが可能です。

しかしスワップする場合のルールとして

  • sUKH→bUKHへのスワップは同じ枚数で交換できる
  • bUKH→sUKHへのスワップすると枚数が2分の1となる

というルールがあるため、なるべくbUKHへスワップしない方が利回りを得る目的としてはおすすめとなります。

2種類のトークンによる仕組みは他ではまだ存在しない、独自の機能です。

UKHトークンのプレセール日程・販売価格

うけいトークンのプレセールは7月28日〜8月27日に予定しており、1枚の販売価格はsUKH、bUKHそれぞれ7円となります。

上場は9月15日にユニスワップと大和スワップにて行われ、1枚10円にて販売する予定です。

購入対応通貨はETH、USDTとなり、販売上限枚数はsとb合わせて5億枚。

プレセールで売れ残った場合残りトークンはバーンされるため、必ずしも売り切れなければいけないということでもありません。

最低購入枚数は30,000枚で、ロックアップはありません。

うけい(UKH)トークン公式お申し込み

姫神プロトコルの核となる仮想通貨ウォレット「シノビウォレット」

姫神プロトコルの核となるシノビウォレット(Shinobi Wallet)は、世界の取引所やDEX、ウォレット内の機能をオールインワンでまとめた「ウォレット+DeFiアグリゲーターアプリ」です

姫神プロトコル・シノビウォレット(Shinobi Wallet)は、現時点で世界に存在するウォレットの中で最も多機能なウォレットであり、世界に普及する可能性はとても高いです。

では具体的にシノビウォレットが世界に普及する理由について

  • 日本初のウォレットとして全世界へ打ち出される
  • オールインワンウォレットである
  • 英語で読まなくてもいい
  • 購入手数料が安い取引所をAIが自動算出してくれる
  • 開発元会社に信頼性がある
  • NFTプラットフォームなど今流行する機能も搭載される
  • 法人向け運用サービスがある
  • アプリ内広告が載せられる

以上8つの代表的なおすすめできる理由について一つずつ解説します。

日本初のウォレットである

シノビウォレットは、日本で初めて開発され世界へ打ち出されるウォレットとなります。

日本初ということによる話題性によって世界に告知できるだけでなく、内容も世界に勝負できるものとなっているため、使用者は世界に拡大していくことが予想されます。

各DEXやウォレットの機能がオールインワン化している

シノビウォレットは、ビットフライヤーやバイナンス、トラストウォレットなどで使える機能が全て搭載されています。

たとえば日本円を取引所に送金し、ETHに変えて、メタマスクへ送金するといった手順もシノビウォレット内のみで完結できるようになります。

今までウォレットや取引所を行き来してきた煩わしさがなくなり、使用者の工程は極端に減ることになるのです。

海外DeFiのように英語で説明を読まなくてもいい

今までDeFi市場で通貨の移動をする際に、英語で内容を読まなくてはいけないことが日本人にとっての最大の障壁であったと言えます。

しかしシノビウォレット内では世の中のDeFiに関するサービスがオールインワンで備わっているため、日本語でさまざまな機能を間違うことなく使えるようになります。

仮想通貨の売買手数料が安くなる

シノビウォレット内では、仮想通貨を購入する際に最も手数料やレートが安い取引所をAIが自動で見つけて、勝手に購入処理をしてくれます。

たとえばトラストウォレットで仮想通貨を購入する場合、だいたいがバイナンスから参照して購入するため、状況によっては悪い条件で仮想通貨を購入している場合があります。

しかしシノビウォレットの場合、数十もの取引所のレートや手数料を算出してくれるため、よりお得な条件で仮想通貨を購入することができるのです。

開発協力会社は姫神プロトコルKGRトークンの開発が関わっており実績がある

シノビウォレットの開発チームの一部には、2021年に打ち出されたKGRトークンを開発している合同会社safedが開発設計に関わっています。

KGRトークンはすでに価格を9倍にまでつけており、しっかりとユニスワップ上場まで果たしているために信頼性があるという点がポイントです。

トークン発行会社はFGRAPH OHとなり、ページ内にはチームメンバーの写真と紹介が英語で書かれています。

内部には合同会社safedの相互リンクもありますので、実質姫神プロトコル、KGRトークンを開発したチームが打ち出しているといってもいいと考えられます。

NFTやゲームプラットフォームまで搭載

現在全世界で大流行しているNFTや、ゲームプラットフォームを使うことでさらに全世界へサービス展開をしていきます。

法人向け資産運用サービスがある

シノビウォレットの特徴として、法人が投資を行うための機能が揃っています。

セキュリティ面や各種コーポレートガバナンス機能がしっかりしており、期間投資家からの信用を獲得できることでさらなる普及を目指します。

アプリ内広告掲載がUKHトークンで支払いできる

シノビウォレット内ではUKHトークンを支払うことで、自社の広告掲載をすることができます。

UKHトークンはシノビウォレットの価値に付随したトークンで、シノビウォレットを使用する上で必ず持っておくべきトークンと言えます。

また広告掲載に支払われたUKHトークンはバーンされるため、トークン自体の価値が損なわれることはありません。

姫神プロトコル・シノビウォレット(Shinobi Wallet)に搭載された4つの機能

シノビウォレット(Shinobi Wallet)には大きく分けて

  • 保管
  • スワップ
  • 運用
  • 購入

という4つが使用できます。

仮想通貨の保管機能(ウォレット)

シノビウォレットは、仮想通貨ウォレットとして一般的な機能である「仮想通貨の保管」機能が搭載されています。

仮想通貨のスワップ機能

シノビウォレット内のみで、仮想通貨のスワップ(換金)ができます。

各取引所から最も手数料が安いタイミングでスワップできるため、よりお得にスワップできるシノビウォレットの機能を誰もが使いたがることは間違いありません。

仮想通貨の運用機能(ステーキング・ファーミング)

シノビウォレット内では、選りすぐりのファーミングプールをワンプッシュで運用してくれます。

[char no=”4″ char=”トレード初心者”]世の中には無数のプールが存在しますが、中には詐欺的なものや危険なプールも数多く存在するのが現状です。[/char]

しかしシノビウォレット内ではリスクとリターンを鑑みた上で適切なプールを選択して運用してくれるため、仮想通貨に詳しくなくてもより安全に利回りが高いプールへ資産を預けることができます。

仮想通貨の購入機能

シノビウォレット内では、自動的にどの取引所のレートと手数料が最良かを判断し購入することができます。

  • 円→BTC
  • USD→BTC

など法定通貨から仮想通貨を直接購入できます。

今までコインチェックなどからBTCを購入していた場合、大幅な作業短縮となることはいうまでもありません。

さらにボラが大きなタイミングでも瞬時にレートと手数料が最も最良である取引所を判断して、仮想通貨の購入が可能となります。

姫神プロトコル・シノビウォレット(Shinobi Wallet)ダウンロード方法

シノビウォレットはすでにappstore、Googleプレイストアからダウンロードが可能です。

appstoreからダウンロード(テスト版)

ダウンロードはこちら

Googleプレイストアからダウンロード

Googleプレイストア内にて「shinobi wallet」と検索すると出てきます。

もしくはこちらからダウンロードしてください。

インストール後は以下の手順で完了します。

  1. 「新しいウォレットを作成する」をタップ
  2. チェックを入れて「続ける」をタップ
  3. リカバリーフレーズをメモに取り「続ける」をタップ
  4. 「Created wallet successful」と表示されればインストールが完了します。

姫神プロトコルの事業としての収益体制をささえる「姫神コレクション」

姫神コレクション

姫神プロトコルの収益体制を支える役割となる姫神コレクションは、艦コレクションのようなイメージのかわいい女の子たちが活躍するNFTガチャゲームです。

姫神コレクションには

  • レアリティー別のかわいい女の子のカード
  • イーサリアムやUKHで回すことができるガチャ
  • ゲーム内のレベルが実際の仮想通貨の増収につながる

など、ゲームが流行りやすく、収益化しやすい仕組みがあります。

姫神コレクションの詳細や収益体制について紹介します。

姫神コレクションの詳細

姫神コレクションのかわいい女の子

姫神コレクションは、NFTの技術を使用したカードゲームのことで、かわいい女の子たちのカードを集めるゲームです。

「ゲームに参加してお金に変わる」という優れた仕組みがあるので、流行りやすく、収益体制を支えやすいです。

姫神コレクションの収益構造

姫神コレクションの収益構造は、ガチャによって支えられます。

カードにはレアリティがあり、レア度が高いカードを集めていくためには「ガチャ」をする必要があります。

レア度が高いカードに姫神コレクション内でステーキングできる仕組みがあることなど、レアカードを求めるモチベーション維持の仕組みがあります。

ガチャをする際にはイーサリアムか、うけい(UKH)トークンが必要になります。

姫神コレクションの共通トークン「舞」

姫神コレクションでは、「舞」というゲーム用トークンを使用します。

姫神コレクションの中で「舞」を強化することによってステーキング報酬が増えていきます。

「ゲーム内でレベルをあげていけば、仮想通貨の配当が増える」

といった、ゲームがしたくなるとても強力な動機があるので、ゲームが流行りやすい仕組みが確立されています。

姫神プロトコルの基軸通貨となる神楽(KGR)トークン

姫神プロトコルには基軸通貨となる神楽(KGR)トークンがあり、姫神プロトコルの事業の安定化を支えます。

神楽(KGR)トークンの過去実績と役割を紹介します。

神楽(KGR)トークンとは

神楽(KGR)トークンとは、円に対するステープルコインで、1枚1円の価格から値段が動かないコインのことです。

トークンの価値が変動すると、ウォレット内のトークン数が自動的に増えたり減ったりして価値を調整しています。

神楽(KGR)トークンの過去実績

神楽(KGR)トークンは2020年12月にすでにリリースされているトークンで、実際に売買することができます。

上場時点から比べて現在では6~9倍の価値をつけています。

神楽(KGR)トークンはステープルコインとして姫神プロトコルを支える

神楽トークンは姫神コレクションのガチャゲームで使用できたり、実際にイーサリアムなどとスワップできます。

姫神プロトコルの事業を支える基軸通貨の役割となります。

姫神プロトコルのチームメンバー情報

FGRAPH OH紹介ページ

シノビウォレット開発協力としている会社はFGRAPH OHです。

DeFi系のプロジェクトは顔も名前も会社名も明かさないのが当たり前ですが、会社紹介ページではしっかりチームの顔と名前が出ていますので信頼性があります。

上記の画像はGoogleによる日本語翻訳なので若干見づらいですが、正式な日本語によるチームメンバー紹介記事も今後作られる予定とのことです。

【姫神プロトコル】シノビウォレットとUKHトークンのロードマップ

シノビウォレットと連携するUKHトークンは、2021年7月1日にすでにウォレットがリリースされています。

さらに今後のプロジェクト日程は2021年12月まで具体的なスケジュールが予定されているので、ロードマップとして紹介します。

  • 2021年7月9日:スワップ機能実装、シノビウォレット開発メンバー記事が掲載
  • 2021年7月12日:simplexと提携を発表し、クレジットカードでのBTC決済が可能となる
  • 2021年7月16日:DeFiプロジェクト複数との提携を発表
  • 2021年7月30日まで:姫神コレクションガチャのローンチ、NFTプラットフォーム発表
  • 2021年8月:八紡一宇会の詳細発表、NFTプラットフォームの一般公開、UKH上場、ai運用システムの実装
  • 2021年9月:UKHをidcmなど取引所3箇所へ上場、新規トークンの詳細を発表、アプリ内広告などユーザー参加機能の実装
  • 2021年10月:ユニスワップなどとは全く違うプログラムのローンチ、未来予測市場のオープン
  • 2021年11月:海外取引所上場
  • 2021年12月:国内取引所への上場

姫神プロトコル・UKHトークンの購入方法

シノビウォレットの購入方法は、Googleフォームを使った直接送金方法となります。

まずはこちらの販売ページにアクセスしてください。

  1. 販売ページ内のイーサリアム送金先アドレス(0x119cC4Fd86b2DB0476057754e75C204f7f47Ba62)にイーサリアムを送金
  2. フォームに必要事項と送ったイーサリアム数を入力

の手順で購入できます。

フォーム提出後に運営から連絡がきて、フォームに入力したシノビウォレットにUKHトークンが送られてきます。

わからないことや疑問点があれば、こちらのライン問い合わせまでお問合せください。

姫神プロトコル・シノビウォレット(Shinobi Wallet)・UKHトークンの最速情報を受け取る方法

姫神プロトコル・シノビウォレットの配当が受け取れるUKHトークンの購入は以下から可能です。

うけい(UKH)トークン公式お申し込み

【8月27日23:59までプレセール開催中】UKHトークン最安値購入ページはこちらをクリック

姫神プロトコル・シノビウォレットの最新情報は以下から取得可能です。

シノビウォレットUHKトークン公式ガイドLINE登録

情報局Twitter
Twitter

オープンチャット「姫神プロトコル総合情報OC」

オープンチャット「シノビウォレット(Shinobi Wallet)総合情報OC」

シノビウォレットオープンチャット

オープンチャット「UKH(うけい)トークンオープンチャット」